特集



人材教育 2016年1月号掲載
【市場と自社の未来を切り拓く『経営人材』の育て方】
      --------------------------------------------
       日本能率協会発行 「人材教育」1月号に記事を掲載しています。

仕事の経験を重ね、徐々に経営者としての資質が備わっていく時代は過去のことであり、
若手のうちから「経営感覚を備えたグローバルに活躍できる人材」を戦略的に育てていく
時代になった。
『経営人材』に求められる資質と養成方法についてご紹介しています。

 https://jinzaikyoiku.jp/acv_ad/magazine/ad_201601_k2.html
 




ジェック 2015年 新入社員 「企業人としての意識」 調査報告

2015年の傾向:
・「貢献・報酬の意識」「組織活動の意識」の点数はやや改善
・「職業人の意識」「自己実現の意識」の点数は引き続き減少

⇒持続的成長のポイントは価値観が変えられるかどうか

 

この調査は、株式会社ジェックが担当した新入社員研修において、
新入社員自身が自分の企業人としての意識傾向を確認し成長の
方向を知るために、研修開始冒頭に実施しているものです。


詳細はこちら⇒ 2015年 新入社員「企業人としての意識」調査報告

 





【 需要創造を目指す営業部隊の変革事例 】


選抜営業メンバーを中核として新しいビジネスモデルの創造と企業価値の向上を図る!

自社の提供価値を再定義し、新規チャネルを創造する

 



 

人材教育 2013年7月号掲載
      【“違い”の裏にある考え方を理解すれば外国籍社員の行動は変化する】
      --------------------------------------------
       日本能率協会発行 「人材教育」7月号に記事を掲載しています。
      
グローバル化が進展する中で、外国籍社員を採用する企業が増えています。
しかし一方で、価値観や習慣の違いから早々に離職をしたり、戦力として活用しきれない企業も多く、
重要課題としてクローズアップされています。

記事では、「日本における外国籍社員活用のポイント」について紹介しています。
 
「グローバル事業チャイナ」チームの専用ホームページ または、
PDFで掲載内容をご覧いただけます。(掲載内容の無断転載を禁じます)

「人材教育 2013年7月号 / 刊:日本能率協会マネジメントセンター」
 

 




第1期・第2期 “実践”理念経営研究会のご紹介

“実践”理念経営研究会は、イノベーティブな人と組織をつくるため自社らしい“実践”理念経営推進の
あり方を探求します!

【CONTENTS】
第1期 “実践”理念経営研究会
◆オープニングセッション 理念に共鳴する組織づくり
 人こそすべての経営を目指して
                     株式会社公文エルアイエル 代表取締役社長 中江 敏 氏
◆第1回 人生における夢と志の共有
 夢と冒険を語る
                     株式会社モンベル  代表取締役会長 辰野 勇 氏
◆第2回 インナーブランディング
 ファミリーマートらしさ推進活動 〜ブランディング活動を通じた組織活性化の取り組み
                株式会社ファミリーマート 総合企画部マーケティング室長 岩崎 浩 氏
◆第3回 理念と組織文化
 理念と経営の関係性 〜フェリシモのケースを通じて
                     株式会社フェリシモ 代表取締役社長 矢崎 和彦 氏
 理念浸透・共有におけるトップのかかわり方
                     京セラ株式会社 相談役 伊藤 謙介 氏
 組織文化のとらえ方
                     神戸大学大学院 教授 本研究会アドバイザー 金井 壽宏 氏
◆第4回 理念を実践する人材育成
 Astellas Way 浸透に向けての人材育成面からの取り組み
                  ラス総合教育研究所株式会社 前代表取締役社長 阪本 秀造 氏
◆第5回 理念とリーダーシップ
 企業における「公」の精神とリーダーシップ
                     株式会社資生堂 相談役 池田 守男 氏
◆最終回 《暁》−−新価値創造
 実践事例発表 ダイアログ


第2期 “実践”理念経営研究会
◆第1・2回 企業理念と個人
 《共通善》でつながる人と組織のイノベーションが新価値を創造する

◆第3・4回 企業理念と組織
 コマツウェイとダントツ経営
                    コマツ 取締役会長 坂根 正弘 氏
 なぜその仕事をするのですか 何をもたらしますか そして、何を得ますか
                      ヤマハ株式会社 元常務取締役 和智 正忠 氏
 経営における理念(原理・原則)、経験、物語、議論
  〜知っているはずのことの創造と伝達のリーダーシップ
                    神戸大学大学院 教授 本研究会アドバイザー 金井 壽宏 氏
◆第5回 ビジネス成果の道づくり
 理念実践が新たな顧客価値を創造する
                    エーザイ株式会社 理事 知創部部長 高山 千弘 氏
 組織文化の解読と知の創造
                    神戸大学大学院 教授 本研究会アドバイザー 金井 壽宏 氏

 『“実践”理念経営研究会 第1期・第2期のご紹介』冊子を差し上げます
 ご希望の方は、下記、総合お問い合わせより「実践理念経営研究会の冊子希望」とお申込みください。
  ⇒ 実践理念経営研究会の冊子申込み(総合お問い合わせ)
 




【2013年2月19日大阪にて開催】


  60名余りのご参加で、大盛況のうちに終了しました 

【 PROGRAM 】

   §§  オープニングメッセージ  

   
    期待されるサービス部門 〜その変革成功のために〜

                      株式会社 ジェック チーフコンサルタント 浜村 好明

       
   §§  第 1 部  ダイキン工業 株式会社 変革事例  
       
       〜サービスエンジニアの営業力強化を実現するには〜
       問題解決OJTを起点とした、サービス営業力レベルアップの取り組み
            ダイキン工業 株式会社 サービス本部 西日本サービス部 部長 中野 覚 氏


   §§  第 2 部  株式会社 デンソー 変革事例  
       
       サービスエンジニア向け対人能力強化研修の導入&その成果測定と定着法
                  株式会社 デンソー サービス部 サービス技術室長 吉田 芳樹 氏

   §§  第 3 部  コミュニケーションタイム  

【「変革事例集」もれなく差し上げます!】

  あらゆる業界におけるサービス・エンジニア部門の「変革事例集」を差し上げます。
  ご希望の方は、総合お問い合わせより「変革事例集希望」とお申込みください。
  → https://www.jecc-net.co.jp/shop/secure/contact2.aspx






人材教育 2012年12月号掲載
      【中堅社員を「中核社員」へ成長させるジェックのFS】
      --------------------------------------------
        日本能率協会発行 「人材教育」に市場からご評価を頂いている「フォロワーシップ向上コース」
    が紹介されました。
    フォーワーシップを鍵とする4つの視点を高め市場接点が一番多い”中堅社員”をチーム成果につながる
    「中核社員」へと育成するポイントを、渡辺、近藤の両インストラクターがお話しました。

      ※著作権上、雑誌媒体へのリンクは致しておりません。
       「フォロワーシップ向上コース」のご紹介はこちら
       「人材教育 2012年12月号 / 刊:日本能率協会マネジメントセンター」


人材教育 2012年7月号掲載
      【行動理論の変革により職場環境を活用して成長する人材を育てる】
      --------------------------------------------
         日本能率協会発行 「人材教育」に市場からご評価を頂いている「社員基本アドバンストコース」
    が紹介されました。
    行動理論の変革により自分をさらに成長させようとるする”プロ社員”への自己変革を
    職場環境を活用して行うポイントを、コース開発者の越膳をはじめ3名がお話しました。

      ※著作権上、雑誌媒体へのリンクは致しておりません。
       「社員基本アドバンストコース」のご紹介はこちら
       「人材教育 2012年7月号 / 刊:日本能率協会マネジメントセンター」
 





テラスカイ社 2011年12月掲載
     【SalesforceとAWSによるサーバレス・シンクライアント実現の鍵】      
     --------------------------------------------
 当社では、個人情報保護の観点からデータを安心安全に活用するため、
 クラウド環境の導入を早期から取り組んでまいりました。
 クラウド大手であるSalesforce、AWSのクラウドサービスをハイブリッドに活用する
 クラウド間連携を実現し、安全な情報の運用に取り組んでおります。
  ※ リンクはSalesforce.com社 認定パートナーである株式会社テラスカイ社の導入事例ページです。
     
 







ページトップ